loader

Business Rule Finder とは?

  • ● ビッグデータの活用が盛んになりつつある一方で、分析業務と施策実施については、「分析に時間もコストも費やしているが、きちんと施策に活用できていない」と課題に感じている企業が少なくありません。

    ● マーケティングオートメーションの導入が加速する中、顧客ターゲットの設定、コミュニケーションシナリオの策定がままならないため、適切な施策を実施できず、運用の課題が山積みになってきています。

    ● 運用施策のひとつであるメールでの効果測定も「A/Bテストを実施し、メールの開封率やクリック率を取得しているが、明確な効果要素が特定できない」といった課題も散見しています。

    Business Rule Finderは、顧客データの活用課題を解消し、データに裏付けされた効果的な施策運用を支援するデジタルCRMサービスです。

サービス

タイトルマイニング

テキストマイニング手法を用いて、メールの開封率を向上させます

メール開封率の効果を明らかにするために、件名タイトル100以上の配信実績データを基にテキストマイニング手法を用いて成功法則を見つけ出します。例えば、開封率の高い、低い件名タイトルを分析し、頻出キーワードの比較やキーワードの使われ方を組み合わせで検証し、件名タイトルの勝ちパターン法則を可視化します。

  • 開封率上位/下位の単語頻出率の差
  • 開封率上位パターン
  • キーワードを含む勝ち組パターン

ポジション最適化

メールコンテンツの位置付けを見直し、クリック率向上を図ります

メールのクリック率低下やコンテンツの配置方法に迷っているといった課題を解決します。メールコンテンツの併読分析を行います。併読状況が可視化されることで、例えば海外株式のコンテンツをクリックしているお客様は国内株式もクリックしている割合が高いといったような、コンテンツの位置付けを明確にしていきます。また、コンテンツの併読状況を4つの象限に分類し、それぞれの役割を明確化します。

  • クリックの総当たり併読状況(同じお客さまにクリックされる割合)
  • コンテンツのクリック状況(過去3ヶ月)
  • コンテンツの位置付け分類

    ・第1象限:アコーディオン
    色々な情報を見るようになる元のコンテンツ

    ・第2象限:コモン
    入門用コンテンツ

    ・第3象限:要見直し
    クリック率も低く併読数も少ない

    ・第4象限:マニア
    上級者が見ているコンテンツ

顧客関心度マッピング

関心の高まった顧客を抽出し、施策対象を明確にします

顧客の行動データを元に、顧客の関心度を数値化し、関心度の高い顧客を抽出します。今「誰に」施策を実施すべきかを明確にすることで、効果の出る施策へ注力できます。

  • 関心度の定義を確定する
  • 関心度の変化を確認する
  • ターゲットリストを作成する

ビジネスルール抽出

ビジネスルールを定義し、施策の自動化運用を実現します

顧客属性データ、商品・サービスデータ、取引実績データを基に、今後注力すべき指標判定することで、現状診断を実施します。注力指標が管理しやすいように顧客分類を行い、ビジネスルールを定義します。ビジネスルールに基づいた施策の自動化運用を実現します。

  • 指標の判定※図はRF指標
  • 顧客分類の見直し
  • ビジネスルールの抽出
無料資料請求ダウンロード

© Current, Inc.